カードローン・キャッシング 都道府県別検索【おまとめ可・即日融資・スピード審査】
  
TOPページカードローンコラム新着情報よくある質問サイトマップ運営会社情報
よくある質問
カードローンを利用したいと考えているけど、解らないことが多くて不安を感じている方のために、カードローンについてや総量規制についてなど、よくある質問をQ&A方式で紹介しております。初めてカードローンを利用する方や、不安がある方はこちらを良く読んで参考にしてみてください。
カードローンって何ですか?
カードローンとは、金融機関が発行するカードを使って決められた範囲内で、
繰り返し金銭の借入れができる出来るローンのことです。
カードを利用して借り入れや返済をすることからカードローンとと呼ばれています。
使用使途は自由で、決められた融資限度額に応じて、毎月決められた金額を返済します。
毎月決められた返済金額には、借り入れした金額や借り入れ期間、
そして法的に定められた利率に応じて利息も発生するので、
借り入れした元金と利息を合わせて返済していくことになります。
カードを所有していれば、限度額内であれば何度でもお金を借りることができるということや
自分が必要な時に簡単に利用できるのがカードローンの特徴的なところです。
急にお金が必要になった時など借り入れできるでしょうか?
初めてカードローンを利用する時、手続きが面倒だったり、
金銭を手にするまでに時間がかかったりすると、それだけで初心者は嫌気がさしてしまいますね。
ところが最近のカードローンなら待ち時間が少なく、融資の結果もすぐに分かり、
カードも即日発行なんていう金融機関も多くなってきております。
無人契約機などを使いカードが即日発行されれば、
近隣のATMなどで直ぐに現金を受け取ることが出来たりするという便利なカードローンもありますし、
インターネットサイトで申し込み手続きを行った後、
指定の口座に振り込んでもらうという方法も素早く現金を手に入れられる1つの方法でしょう。
いずれにせよ、ATMの時間的制限や即日融資のための
ネットの手続きにはの締め切り時間というものがありますが、
その時間さえ間に合えば、申し込みした日に借り入れすることは可能といえるでしょう。
カードはどんな金融機関で作れるの?
カードローンを利用できる金融機関は大きく分けて、銀行系・信販会社系・消費者金融系の3つに区別され、
それぞれに長所、短所、特徴があります。
ある程度の特徴を記しておきますので申し込む時は比較検討するのが良いでしょう。

  • 銀行系カードローンの特徴は、低金利や融資限度額の幅広さや高さです。
    更に総量規制対象外ということや銀行であることの安心感というところでしょうか。
    しかし、融資までに時間がかかる傾向があり、審査基準も厳しめなとうです。
  • 信販系カードローンは、銀行と比較すると金利が多少高めなのが気になりますが、
    キャッシング枠としてカードローン機能が追加されることが多いので、1枚で2役使えます。
  • 消費者金融系のカードローン最大の特徴は、カードの即日発行が可能なことです。
    審査にかかる時間が短く、金銭を手にする時間が早いのが嬉しいところです。
    借り入れ額は総量規制の対象になるので年収の3分の1に制限されます。
担保や保証人って必要?
カードローンでは、まず担保や保証人を必要とすることはありません。
通常の融資や借り入れでは担保や保証人は必要不可欠でありますが、
カードローンの場合は、契約時に決められた融資額の範囲内であれば、
担保や保証人が無くても利用することができます。
インターネットや無人自動契約機等で簡単に申し込みが出来て、
本人確認ができる運転免許証のような身分を証明できろものさえあれば契約が可能なのです。
担保や保証人が必要ないことで、融資する金融機関側にとってカードローンはリスクが高くなるのですが、
その分金利に跳ね返る傾向があるようです。
違法な貸し付けをする業者があるって聞いたんだけど。
数が多いわけではありませんが、中には出資法で定められた
上限金利を越えた利息で違法な貸し付けをする業者や、
貸金業の規制等に関する法律に基づく登録をしていない無登録業者が存在しております。
この登録は貸金業を営業するには必要不可欠なもので、貸金業を選ぶ時の重要なポイントでもあるのです。
正規の貸金業者では、例えば【関東財務局長(8)○○○○】というふうに表記されています。
()の中の数字は3年周期に更新されるので、この場合24年間の間にさしたる問題もなく、
健全な営業をしてきた証しにもなるのです。
もしこれが(1)だったら、登録されて間もないとか、多少不安な業者の可能性も考慮するべきです。
登録されているかを調べる事は金融庁のホームページなどでも
簡単に検索できるようですので覚えておきましょう。
登録の有無以外の判断材料を挙げてみました、利用する際の参考に。

  • 極端に年率が低い場合。
  • 複数の借り入れ件数があろうとも、融資可能な業者
  • 登録番号の表記がなかったり、金利や返済に関しての細かい説明がない。
  • 契約書および明細書が発行されない。

こういった業者は近寄らないようにしましょう。

金利について教えて?
やはり借り入れする時に気になるのが金利でしょうか。
金利の高低によって、最終的な返済総額が変わってきますので金利の確認は非常に大切だと考えます。
金融機関が金利を決定する際に参考にするのは、借り入れする側の年齢や職業、年収となっているようです。
初めて利用する方には、借り入れ額に対する最大金利が適用されることが多いようなので、
申し込みをする前に、まずは各金融機関の最大金利を比較して検討してみてください。
初めてじゃなかったり、他に借り入れがある方は、現在の借り入れ状況、過去の延滞記録などを参考に審査され、
金利を設定されるようです。借り入れ金額の大小によって決定されるわけではないようです。
どのくらい借りられるの?
まず、どの金融機関のカードローンにも融資限度額というものがあります。
融資限度額の高い金融機関のカードローンだからといって、
誰でも限度額まで借り入れ出来るというものでもありません
借り入れできる金額は、貸金業法の総量規制により、
銀行ローン以外の金融機関からは年収の3分の1までと決められています。
だからといって初めて利用する方が、3分の1の上限まで貸してもらえることは難しいのです。
その金融機関と取引をしたことがなく、利用実績所謂信用がないという理由からです。
最初は、年収の3分の1を大きく下回る金額を提示されることでしょう。
しかし、確実な返済による利用実績の積み重ねで徐々に信用度が上がり
それにつれ融資限度額も上がっていくものです。まずは、きちんと返済するということが重要です。
家族に内緒で利用できますか?
こういった家族に内緒で金融機関を利用したいというかた多いですよね。
結論からいうとカードローンを内緒で利用することは容易にできます。
昨今のインターネットの普及により、各金融機関ネット環境が整備され、
カードローンの申し込みがネットで可能となっています。
ネットで申し込みを済ませ、近隣の無人契約機でカードを発行すれば即日現金を受け取ることもできるのです。
これを利用すれば、自宅にカードが郵送されてくることもないし、
ネット上で明細が見られるように設定すれば、利用明細書が郵送されることもなくなります。
ネットの有効活用により、家族に内緒でカードローンを利用することもできるのです。
業者の人と会わずに、しかも近所の人や知り合いにも見られないで借りたい。
カードローンを利用するにあたって誰にも見られずに融資を受けるには、
インターネットの活用が有効でしょう。
融資の申し込みをして審査を通過した後に本人確認書類を送って確認が終了すれば、
すぐに融資が可能になります。
ネットでの振込サービスを活用することで、
指定した銀行口座に融資が決まった金額が振込まれることになります。
このようにネットを活用すれば、近所の人とか、
知り合いに見られないカードローンの利用が可能になるわけです。
また、ネットで契約が終われば、数日後には契約した金融機関からカードが郵送されてきますので、
そのカードを使うことにより、近隣にある提携したATMなどを使ってお金を引き出すこともできます。
他にも、無人契約機を利用する方法があり、こちらも業者の人に会うことはないので、
近隣に無人契約機があるなら、利用するのも良いかもしれません。
カードローンの審査について知りたいのですが。
カードローンを利用するには審査を必ず受けることになります。
審査とは金融機関が契約を希望する人の返済能力などを調べて、融資出来るか判断するために行うものです。
審査の時に注意したいのが、申し込み時に正確な情報を伝えること。
不正確な情報を伝えた時点で審査が通らない人が意外に多いと言われています。
氏名や生年月日は、金融機関が個人信用情報機関に参照をする場合の重要な情報となりますので注意が必要です。
また、勤務先や勤続年数、年収、場合によっては
持ち家か賃貸かなどの内容も審査対象となりますので事前に準備しておきましょう。
最近は、他社での借り入れ状況が重要視され、借入件数もチェックされます。
過去の利用履歴、返済状況なども確認されることになりますので、
過去に返済の滞納があったりする人は審査に通らない可能性もあるのです。
正社員じゃないんだけれどパートやアルバイトでも大丈夫?
パートやアルバイトの方は心配だと思いますが、最近では多くの金融機関で定期的な収入さえあれば、
パートやアルバイトの方でも申し込みできるところも増えています。
申し込む際には、パートやアルバイトにも対応していることを
ハッキリ表明している金融機関を選ぶことも重要です。
しかし、正社員と比較すると審査は厳しくなり、総量規制のことも加味すると、
パートやアルバイトの場合、年収も低くなりがちなので、
融資限度額は比較的抑えられてしまう傾向にあるようです。
また、申し込む前に他の金融機関からの借り入れがある場合、
他の金融機関の借り入れ額も加えての総量規制ですので、
新規に借り入れする場合、融資限度額は自ずと少なくなってしまうということは覚えておきましょう。
主婦も借り入れ可能ですか?
数年前であれば専業主婦でも審査に通れば、カードローンを利用できていたのですが、
2010年に貸金業法にもとづき総量規制と言う法律が施行され、
金銭の貸し借りには支払い能力に応じた一定の制限を設けることが決まったのです。
これにより専業主婦は、基本的には収入が無いとみなされ単独でのカードローンの利用は難しくなり、
利用するのであれば、夫の同意書や家庭の年収を証明する
書類を提出しなければカードローンを利用できなくなりました。
しかし、この総量規制というものは、
銀行が発行している銀行カードローンの場合だと規制の対象外となるのです。
つまり専業主婦であっても、身分を証明できるものと家庭の年収を証明する書類があれば、
夫の同意書が無くても借りられる場合があるということになります。
返済について教えて
返済で重要なのは、自分の収入に対する返済能力の把握と、
返済能力において可能な返済期間かどうかを見極めることです。
利息というものが付いて回る関係上、返済期間を長くすれば良いという訳でもないので、
あくまでも自分の収入と返済能力のバランスがとれているかがポイントです。
更に返済方法についてですが、 利用者の声を聞くとメリットの中には常に利便性が重視されているようです。
昨今の金融機関は、提携している銀行やコンビニのATMで気軽に借り入れや返済ができるようになっています。
コンビニの買い物ついでに手数料無料で返済できるシステムは大変便利です。
こういった返済時の利便性も加味してカードローンを選ぶことも重要です。
返済期日に間に合わなかったらどうなるの?
返済期日までに何らかの理由で返済できなかった場合、
次の日位に携帯電話や自宅電話に支払い確認の電話があります。
電話で支払い日を確認されますが、それだけでは済まず、
カードローンは契約のうえでの貸し借りなので、延滞すればペナルティとして「遅延損害金」が発生します。
「遅延損害金」は普段適用されている金利より高い金利が適用されますので
支払いが遅れるほど返済の負担は増えていきます。
さらに、このような延滞歴は金融業界の信用情報機関に登録されてしまい、
信用情報に傷を残すことになってしまいます。
今後のカードローンの利用に制限がかかる可能性も考えられますので、
万が一期日までに払えない場合は、早めに、分かった時点で連絡をすることです。
早めに連絡することで相談に乗ってくもらえる場合もあるのでおぼえておきましょう。
やっぱり、カードローンを利用する際は、約束事を守ることが大切です。
総量規制とは?
総量規制とは返済が困難な多重債務者の増加に伴い、債務整理や自己破産が多発したために、
2010年6月に施行された「改正貸金業法」に基づく、
年収の1/3までとの借り入れを制限する仕組みのことを「総量規制」と言います。
この総量規制、対象になるのは「キャッシング」で、ショッピングや銀行からの借り入れ、
事業資金などを個人で借りる場合は対象外となるのです。
具体的に言うと、年収300万円の人は、
消費者金融や信販会社のカードローンだと総量規制の対象になるので、
年収の1/3の100万円までしか借り入れすることはできません。
しかし、これが銀行提供のカードローンであれば総量規制の対象外ということになるので、
理論上では年収の1/3以上の借り入れが可能となるのです。

この記事は役にたちましたか?
いいね! (7) う~ん… (0)
Copyright (C) 2013 カードローン・キャッシング店舗 条件検索&コミュニティサイト All Rights Reserved.