カードローン・キャッシング 都道府県別検索【おまとめ可・即日融資・スピード審査】
  
TOPページカードローンコラム新着情報よくある質問サイトマップ運営会社情報
の全国店舗一覧
  • 北海道
  • 青森県
  • 岩手県
  • 秋田県
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 愛知県
  • 静岡県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 京都府
  • 滋賀県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県
  • 近所のアコム店舗(むじんくん)を検索するなら|近くにアコム店舗やATMがない方は?

    身近にアコムの無人契約機むじんくん、あるいはATMがなくても、アコムならネットを活用することができます。

    むじんくんはアコムが提供している設備で、全国に展開しているのが特徴です。

    ただ全ての地域に存在するわけではないので、利用したくても使えないというケースが発生します。

    そういった時に役立つのが、ネットでの借り入れや返済といった選択肢です。

    アコムのネットサービスは、会員向けに提供されている機能の一つで、会員メニューから利用が始められます。

    審査を受けて契約を結ぶ必要はあるものの、以降は身近にむじんくんがなくても活用できるという結果に結び付きます。

    利用の際に条件はありますが、アコムが指定する特定の銀行であれば、24時間何時でも希望額を振込んでもらうことができます。

    ネットサービスの利用に必要なのは、インターネット環境とスマートフォンやパソコンなどの端末です。

    後は審査を経て会員登録を済ませると、ログインするだけで借り入れの希望が可能となります。

    実際に借り入れられる希望額は、契約者の利用限度額の上限によりますが、最低でも数万円から十数万円の融資が受けられます。

    申し込み自体は24時間受け付けですから、むじんくんやATMが営業時間外でもネットサービスが解決してくれます。

    アコムの店舗・むじんくんに来店できないなら、ネット申し込みによる振込手続きが利用可能

    近場にむじんくんがない時だけでなく、仕事や用事で来店できない場合も、ネットがあれば借り入れが行えます。

    アコムのネットサービスでは、申し込みと振込手続きによる利用が実現します。

    最初のステップは借り入れの審査で、こちらも来店の必要がなくネットで完結するようになっています。

    審査の前には3秒診断を利用することができて、診断の結果が融資可能なら直ぐに申し込みが始められます。

    申し込みの時間によっては、即日融資が実現する可能性もありますから、早めに検討して申し込むことがポイントとなります。

    無事に審査を経て利用開始のステップに進んだら、会員ページにログインしてネット申し込みを始めましょう。

    ネット申し込みの借り入れ受付は365日を通して24時間です。

    手続きを踏んで申し込みが受理されれば、登録した銀行口座に振込まれます。

    実際の振込時間は、振込を希望する銀行によりますが、早ければ1分ほどで完了するのでスピーディーです。

    遅くても翌営業日の9時30分までには、希望を伝えて受理された融資額が口座に入ります。

    手続きは簡単で使い勝手はむじんくんと遜色がなく、フリーダイヤルの電話窓口で利用することも可能です。

    手数料0円で手間も掛かりませんから、アコムを利用するならネットサービスも使い始めると便利です。

    土日祝日にアコム店舗で申し込む際に気をつけておきたいと

    何時でも使えて便利なアコムですが、土日祝日に限っては気をつけるポイントがあります。

    むじんくんやネットサービスは土日、あるいは祝日も営業していますが、有人の店舗だけは休業となっています。

    具体的には平日は9時30分から18時までの営業で、土日祝日が休業日に設定されています。

    厳密には店舗によって異なる場合もありますが、通常は土日祝日が定休日です。

    一方のむじんくんは土日も祝日も関係なく、8時から22時までが営業時間です。

    このように営業日時が設定されていることから、スタッフと対面で審査や借り入れを行いたい時は、曜日と時間に気をつけることが大切です。

    窓口では曜日によって申し込み自体が制限されてしまい、即日融資が実現する可能性がなくなります。

    逆にいうと平日であれば、窓口でもむじんくんと変わらない審査や融資が受けられることを意味します。

    ネットサービスやATMなら、24時間何時でも時間を問わずにお金が借りられます。

    重要なのは審査を受ける際の申し込み日時で、平日かどうかに目を向ける必要があります。

    土日や祝日をまたぐと、申し込みも審査も遅れてしまうので、手続きは週末を迎える前に早めに済ませるのが得策です。

    週末が迫っても焦らずに、必要書類を準備して営業時間内に手続きを始めれば大丈夫です。

    アコムの店舗で申し込むと、土日祝日の在籍確認はどうなるの?

    店舗で申し込みを行う場合、アコムでは土日祝日を問わずに在籍確認が行われます。

    在籍確認は勤め先に対する電話のことで、実際に申し込み者が存在するかチェックされます。

    アコムの担当者は肩書を名乗りませんから、職場の人に融資の電話だと気がつかれる心配は無用です。

    要点となるのは、アコムの店舗で申し込んだ当日が、土日や祝日でも勤め先の営業日か否かです。

    電話が行われても、誰も出なければ在籍の確認のしようがないので、必ず在籍確認の電話に答えられる日に申し込むことが必要です。

    仮に一回目の在籍確認が取れなかったとしても、翌日以降に再び電話が掛けられます。

    大抵の場合は2度目の電話で在籍確認がクリアされ、無事に融資が認められるようになります。

    逆に最初の電話が土曜日で、二回目が日曜か祝日に行われ、どちらも在籍確認が取れなかった時は要注意です。

    土日祝日という電話に出にくい条件はありますが、アコムは電話に出るスピーディーさを審査において評価します。

    つまり何度電話を掛けても出ないとなると、在籍確認は困難と判断されて、融資が難しくなる可能性が高まります。

    土日祝日にアコムの店舗で申し込む時は、勤め先に電話が掛かってきた際に、予め誰かが出られることを確認するのが賢明です。

    アコム店舗(むじんくん)に行くなら、カードの発行が最重要目的 ※郵送にならないよう注意

    むじんくんで融資を申し込むのであれば、カードの発行が重要性の高い目的となります。

    カードはキャッシングの際に利用する為の物で、これがアコムの利用者にとって不可欠です。

    契約が成立して発行されるカードは、申し込み時に受け取り方を選択することができます。

    この時に郵送を選んでしまうと、カードの受け取りが遅くなって利用開始が数日ずれることになります。

    最も受け取りが早いのは店頭で、契約時にその場で発行してもらう方法です。

    契約の成立と同時にカードが受け取れるので、審査を受けたその足でキャッシングを始めることも夢ではなくなります。

    反対に郵送でカードの受け取りを選択した場合は、数日から1週間ほど待つ必要があります。

    この間はアコムの利用が制限されますから、折角の即日融資やむじんくんの利便性が低下してしまいます。

    アコムを選択するならやはり、早く借りられる方法を念頭に置き、カードの受け取り方法を店頭に指定して即時発行を受けるのが重要点となります。

    インターネット窓口で申し込む際も、同様に店舗でカードが受け取れますから、多少の手間と引き換えに即日借り入れのチャンスが手に入ります。

    間違って郵送を選ぶと1週間待ちになるので、受け取り方法を良く確認して選択することが重要です。

    むじんくんで申し込むとどんなメリット・デメリットがあるの?

    一般的にカードローン会社からお金を借りる場合、申込みや仮審査、審査や契約、借り入れなどの手順を踏んで利用することになりますが、アコムのむじんくんの場合は自動契約機なので一度に済ますことができます。

    インターネットを利用したり電話で申込んだり、仮審査を済ませてから手続きを契約機で行うことも可能です。カードが発行されると、自動契約機に備え付けられているATMで借入れすることができます。むじんくんにはいくつかメリットがあり、例えばその場で申し込んだり借入れするまで済ますことが可能です。

    即日融資にも対応していて、夜遅くまで営業している店舗もあります。むじんくんを利用すると契約書やカードが郵送されないので家族にばれることはなく、来店しなくても利用することができます。契約機や有人店舗においてカードや契約書を受け取ることができるので、基本的に郵送されないようになっています。

    いくつかデメリットがあり例えばむじんくんに行かなければならない必要があったり、むじんくんで申し込みする場合ブース内で数十分待たされることになるでしょう

    時間帯によってはその場でローンカードをもらえないこともあり、店舗の出入りを知り合いに見られるというリスクはあります。

    どうしても当日中に借りたいなら、ネット申し込み後のアコム店舗(自動契約機)がオススメ

    当日にお金を借りたいなら、事前にインターネットで申し込みをすると便利です。

    そうすることでむじんくんでのカード発行をスムーズに進めることができ、アコムを利用する人はスマートフォンやパソコンを使ってインターネットから申し込むことをおすすめします。

    先にインターネットから申し込みすると、むじんくんでの時間を大幅に短縮することが可能です。むじんくんに行ってお金を借りようとする場合、先に申し込みボタンから申し込みを済ませ最寄りのむじんくんに行くと良いです。

    むじんくんは全国に設置されていて、比較的アクセスしやすいような場所に設置されています。尚、クレジット機能が付いているACマスターカードなどを申し込んでいると、特定の店舗でカードを受け取りができないこともあるので注意が必要です。

    基本的にむじんくんは個室になっていて、部屋の中は意外と広々しています。椅子もあるので手続きしている間の待ち時間も座ることができ、外からは絶対に見えないような造りになっているので安心です。

    むじんくんはプライバシーにかなり配慮された設計になっているので安心して利用することができ、入店すると誰かに見られるという心配はないでしょう。

    店舗でローンカードを直接受け取れるから、その後の借り入れにも便利

    アコムは店頭窓口はもちろんむじんくんでもお金を借りることが可能です。店頭窓口を利用する場合、担当者と直接話しながら融資を受けることができます。

    返済方法や利息などに関して不安なことや疑問点があると、その場で相談しながら利用することができるので初心者にはおすすめです。

    アコムの店舗はATMが併設されているので、ATMを利用することができます。ATMやむじんくんを利用するメリットとして、ローンカードを直接受け取ることができその後借り入れすることが可能です。誰にも会わずお金を借りることができ、窓口よりも手続きが簡単で短時間で利用することができます。

    担当者に相談することがないならATMやむじんくんがおすすめです。アコムの店頭営業時間は平日9:30~18:00で、土日祝日や夜間などは営業していません。

    一部の店舗は営業しているので利用したい店舗を調べておきましょう。

    ATMは24時間365日利用することが可能です。ATMは各店舗にあり店舗によって営業時間が異なることがあるので、利用する際は利用したいATM営業時間をチェックしておきましょう。全国47都道府県に設置されているので非常に便利です。

    尚、毎週月曜日午前の1:00~5:00は定期点検などによって利用できないことがあるので注意が必要です。

    アコム店舗で申し込む時のデメリット※申込みに必要な書類を忘れてしまいがち

    アコムでは必要書類を忘れてしまうと契約できないことがあります。

    必要書類をきちんと用意してから出かけるようにしましょう。

    まず必要なのが本人確認書類(身分証明書)で、運転免許証やマイナンバーカード、顔写真付きの住民基本台帳カードやパスポートなどを準備します。これらの書類を用意できないなら、保険証や住民票を用意します。住民票の代わりとして公共料金の領収書や納税証明書でも大丈夫です。

    尚、外国籍の人の場合、通常の本人確認書類にプラスして在留カードや特別永住者証明書などが必要になるので注意しましょう。

    収入証明書が必要なこともありアコムでの利用限度額が50万円超の場合や、アコムでの利用限度額と他の貸金業者からの借入額合計が100万円超の場合です。

    これらの条件にあてはまらないようなケースでも、収入証明書などが必要になることがあるので持参することをおすすめします。

    正確な収入額を証明することができるので審査するのに有利になり、利用限度額を上げることが可能です。審査次第では収入証明書が必要になることがあるので念のため事前に準備しておいた方が良いでしょう。申し込みに必要な書類をきちんと確認しておくとスムーズに利用することが可能です。

    近くに店舗が無い場合もあり、あまりに近すぎると家族などにバレる可能性も少なからずあり

    店舗は全国展開されていますが、自宅の近くにあると家族や知人にばれる可能性があります。ばれないためにも混雑している時間を避けた方が良いでしょう。

    一般的に土日や月曜、平日18時以降などは申し込みが混み合うことがあり、混雑しているとローンカードが発行されるまで数時間かかる可能性が高いのでできるだけ混雑するような時間帯は避けて利用することをおすすめします。

    もし急いでいる場合、出勤する前にインターネットを利用してアコムのホームページ)から申し込みを行い必要書類を持参して出勤勤務中などに利用するという方法があります。仮審査結果をメールで受けとることができ、勤務が終了した後でむじんくんに行き契約手続きを行うとスムーズに処理することが可能です。

    カードを受け取り併設されているアコムのATMで借入れを行うことができます。本人が勤務している時間に審査が進むので待ち時間もないでしょう。

    むじんくんは22時まで利用することができ、どうしても今日中に利用した場合はアコムで即日融資を受けることも可能です。店舗で過ごす時間を短くすることによって家族や知人にばれる可能性を低くすることができ、一度店舗に入ると中は見えないようになっているので安心です。

    アコム店舗での返済とその他の返済方法の違い

    消費者金融のアコムでキャッシングやカードローンのサービスを受けた場合には、一定の期日までに返済をすることが必要になってきます。

    この場合の方法には、店舗を経由する方法とそれ以外の方法とがあり、一般には利用者自身がいずれの方法を選択することも可能です。店舗の場合には直接出向かなければならないというデメリットはありますが、有人の窓口であればその場で返済についての相談もあわせてできます。

    無人であっても出張先や買い物のついでなどの余った時間で手早く手続きができるところが便利です。その他の方法としては銀行振込や自動引き落としなどの方法がありますが、インターネットバンキングなどと併用すれば、店舗まで直接出向くことなく、自宅ですべて完結できるところに大きなメリットがあります。

    そのかわりとしてインターネットバンキングの口座を別途開設しておくことや、自動引き落としのための口座をあらかじめ指定しておくことなどが求められますので、あくまでも事前の準備がととのった人向けともいえます。

    どちらを選択するにしても、24時間いつでも利用できるサービスが含まれていますので、早めに返済したい場合や、締切が迫っている場合には重宝します。

    アコム店舗(むじんくん)で直接返済を行う場合

    アコムのカードローンなどの返済をしようとする場合には、アコムの有人店舗で直接窓口のスタッフと相談をしながら返済をすることも、近くの無人店舗むじんくんに併設されている会社独自のATMを使って返済をすることも可能です。

    ただし有人の店頭窓口は数が限られている上に、営業時間も短くなっていますので、実際に利用する機会は少ないともいえます。

    無人店舗むじんくんに併設されるアコム独自のATMの場合には、一部の店舗を除いて24時間いつでも返済のために利用できるところがメリットです。

    このATMにカードを挿入して暗証番号を入力すると、ご融資・ご返済・残高照会・暗所番号の変更のそれぞれのメニューがモニターに表示されます。

    ご返済とあるボタンを押して現金投入口に紙幣を入れて、最後に確認ボタンを押せば返済は終了です。ATM利用時には利用明細票が発行されますが、返済金額はもちろんのこと、そのなかで元金の部分に充当された金額と利息の部分の金額の内訳も印刷されています。特に元金が少なくなればその後の利息の負担も軽くなりますので、内容はよくチェックしておいて、今後の返済の参考としておくのがよいといえます。

    ほかにも次回の返済日などの詳細も記載されています。

    アコム提携店舗(ATM)で返済を行う場合

    アコムの返済については、むじんくん併設のATMだけではなく、全国各地のコンビニエンスストアや金融機関などに設置されているATMからであっても行うことが可能です。

    コンビニエンスストアの場合、一定の手数料がその都度かかりますが、現在ではほとんどの店舗で夜間や早朝の時間帯であっても入出金の受付をしていますので、アコムのむじんくん経由の場合と同様に便利に使えることは間違いがありません。銀行などの提携金融機関の場合には、それぞれの店舗によって大幅に営業時間が限定されていることがありますので、特に利用時間帯については注意をしておくことが肝心です。提携ATMの場合もアコムの無人店舗とそれほど手続きのしかたに違いはありません。

    ATMにカードを挿入し、続けて暗証番号を入力すると、モニターにいくつかの取引メニューが表示されます。このメニューのなかから返済または入金とあるボタンを押した上で、紙幣を現金投入口に入れて読取ボタンを押し、計数が正しければさらに確認ボタンを押すだけで手続きは完了します。また返済をした場合にはその場で利用明細票が発行されます。このなかには返済した金額が取引金額の項目に、利息を含まない現在時点での借入金額の合計が残高の項目に表示されているはずですので、チェックをしておくのが適切です。

    振込手続きで返済を行う場合

    アコムへの返済を指定銀行口座への振込手続きで行いたい場合ですが、これには金融機関の窓口に直接出向いて手続きをする方法のほか、銀行やコンビニエンスストアなどに設置されているATMを利用する方法、インターネットバンキングのなかの振込メニューを使う方法があります。

    振込手続きをするためにはいくらかの手数料を支払う必要がありますが、これは利用者の負担となります。実際に振込をする相手先の口座番号は、アコムのインターネット会員サービスにログインした上で、その後に表示される返済時の振込入金口座照会のメニューから確認をします。アコムの場合はすべての利用者が同じ口座番号に振り込むスタイルをとってはおらず、実は利用者ごとに異なる返済用の口座番号が割り振られています。

    そのため番号の入力などに間違いがあったり、他人が返済に利用している口座番号を流用したりした場合には、適切に処理が行われないおそれがあますので、この点には注意が必要です。またアコムのカードローンの申し込み時点で明細書の自宅への郵送を希望した人に関しては、この振込手続きによって返済をした場合は、後日お取引明細書とよばれる書類が手元に郵送されることになります。

    口座引き落としで返済する場合

    アコムの返済を口座引き落としで行う場合ですが、この方法を選択すれば、ゆうちょ銀行やその他の都市銀行・地方銀行・信用金庫などの指定口座のなかから、毎月6日に自動的に返済すべき金額が引き落とされることになるため、延滞などの心配もなくきわめて便利といえます。もしもその月の6日が土曜日・日曜日などの金融機関の休業日にあたる場合には、翌営業日に繰り越しとなります。

    ただしこの口座引き落としの方法を利用する場合には、あらかじめ引き落とし専用の銀行口座を指定しておかなければならず、実際に金融機関での手続きが済んで引き落としが開始されるまでには、通常であれば2か月から3か月程度かかってしまうことがありますので、早めに準備をしておくことがたいせつです。

    また銀行の通帳には自動引き落としをした名義人はアコムではなく、ACサービスなどの別の名称が記載されることがありますが特に問題はありません。このような口座引き落としの方法について具体的に質問や問い合わせをしたい場合には、アコム総合カードデスクのフリーダイヤルが開設されていますので、ここに電話をして確認するか、または住んでいる地域にある店頭窓口に申し出るのが適切です。

    Copyright (C) 2013 カードローン・キャッシング店舗 条件検索&コミュニティサイト All Rights Reserved.